腹斜筋群と呼吸

腹斜筋群(Muscles Obliquus Abdominis)は、外腹斜筋(Obliquus Externus Abdominis)と内腹斜筋(Obliquus Internus Abdominis)の総称です。

【機能】
1. 内臓の保護
腹斜筋群は、腹直筋・腹横筋と共に、腹壁を作り内臓を保護しています。

2. 姿勢の保持

3. 運動機能
(1) 屈曲
両側の腹斜筋群が同時に収縮することにより、胸腰椎は屈曲します。

(2) 側屈
片側の腹斜筋群が同時に収縮することにより、胸腰椎は側屈します。

(3) 回旋
内腹斜筋の筋線維の走行は、外腹斜筋と反対になっているため、腹部を回旋させる際、反対側の外腹斜筋と共同し、動作を行います。このことは、左外腹斜筋が右内腹斜筋に続いていることを意味します。

【分類】
腹斜筋群は表層の外腹斜筋は肋骨から、深層の内腹斜筋は腸骨から起始しています。

【変位】
外腹斜筋が拘縮すると寛骨が外上方へ変位し、内腹斜筋が拘縮すると内側上方へ変位します。
骨盤の開きの改善には、外腹斜筋の拘縮と内腹斜筋の弛緩の改善が必要です。

【筋力トレーニング】
1. ツイスティングクランチ
2. ツイステッドクランチ
3. サイドクランチ
4. サイドエルボーブリッジ
5. ツイスティング・ヒップレイズ
6. ツイステッド・ヒップレイズ
7. ツイスティング・シットアップ

【ストレッチング】
1. Cカーブポーズ
2. Cカーブポ・オンザボール
外腹斜筋
外腹斜筋は、最外層にある広い扁平な筋で、筋尖をもって下の8個の肋骨の外側面から起こり、筋束は外上方から斜めに前下方に走り、後部は腸骨稜の前部に着き、中部は腱膜となり白線に着きます。
外腹斜筋腱膜の下縁は上前腸骨棘と恥骨結節の間に張って、鼠径靱帯となります。鼠径靱帯の内側端から少量の線維を出して下の恥骨櫛に止まり、裂孔靱帯となります。恥骨結節の外上方に腱膜は三角形の裂口を作り、浅鼠径輪となります。

内腹斜筋
内腹斜筋は、外腹斜筋に覆われて胸腰筋膜・腸骨稜・鼠径靱帯の外側部から起こり、前方に向かって扇状に広がります。後部の筋束は下の3つの肋骨に着き、その他の大部分は腹直筋鞘の外側縁の近くで腱膜となり、2枚に分かれて腹直筋鞘の前後の両葉に入り白線に終わります。内腹斜筋下部の筋束は前下方へ弓状に下降して、精索をまたがって腱膜となり、腹横筋の腱膜と癒着して鼠径鎌となり、恥骨櫛の内側に着きます。内腹斜筋の最下部の筋束は下へ下がって精索と精巣を包み精巣挙筋と呼ばれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です