呼息運動と吸息運動

呼息運動

横隔膜と外肋間筋が弛緩して、息を吐くときのことを呼気(呼息運動)といいます。

呼気の際は、後頭骨が下がり、仙骨は挙上、骨盤は僅かに前傾し、深層筋を活動させることがでます。

自律神経は、副交感神経が優位に働きます。

【安静時】

肺は『肺の弾性収縮力』と言われる、膨らんだゴム風船のように自ら収縮する性質を元々持っているため、安静呼気に関与する筋はありません。

横隔膜と外肋間筋が弛緩すると、肺および胸郭は自らの縮む力で自然収縮して、息を吐き出します。

【大きな呼気時】

深呼吸や努力呼吸、激しい運動中には、腹直筋と内肋間筋が主に収縮して、肺の空気が押し出されます。

呼気をスムーズに行うために、呼吸補助筋といわれる様々な筋肉が作用し、呼気を助けます。

努力呼気及び腹式呼気では、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋、胸横筋などの呼吸補助筋の収縮により胸郭を曲げ、肋骨と胸骨を下制する運動が起こります。これら筋群の収縮により肋骨の前方回旋が起こり、脊柱は屈曲方向へ動きます。下位肋骨の下制のためには、腹横筋と胸横筋が重要です。

呼気は胸郭を下制する運動であるため、胸郭下部に付着する筋が大部分です。

〈腹直筋〉

大きな呼気時の最も重要な筋肉が腹直筋で、腹式呼吸ではより優位に働きます。

腹直筋が収縮すると腹腔内の圧力(腹圧)が高まり、緩んだ横隔膜を挙上して呼気を助けます。

年齢とともに胸郭は縮みにくくなりますから、腹部の筋の鍛錬は重要です。

 

〈内肋間筋〉

内肋間筋が収縮することによって胸郭が小さくなり、また腹壁筋の収縮によって横隔膜が挙上すると胸腔内の容積が小さくなります。胸式呼吸では、より優位に働きます。


横隔膜と外肋間筋が収縮
することにより胸郭を拡張させ、息を吸うことを吸気(吸息運動)といいます。吸息運動

胸腔内を陰圧にして肺を膨らませます。

吸気の際、頭部は膨張し後頭骨が上がり、仙骨は下制し、骨盤は僅かに後傾します。

自律神経は、交感神経が優位に働きます。

 

〈安静時〉

安静吸気は、横隔膜と外肋間筋の収縮により行われます。

安静時呼吸には内肋間筋はほとんど関与していませんが、胸骨近傍にのみ存在する傍胸骨肋間筋は活動しています。

横隔膜や外肋間筋の機能が充分でない場合、安静時でも小胸筋や胸鎖乳突筋などが代償として働く胸式呼吸により、リブフレアと言われる肋骨が開いた状態になり、腹腔内圧が上がらなくなってしまいます。

安静時呼吸で胸鎖乳突筋、斜角筋群、肩甲挙筋などの頸部の筋肉を使うクセがついていると、肩こりの原因になります。

安静時呼吸で肩が上がったり、深呼吸で肩が大きく上がったり、または腹部の拡張の前に肩が上がったりする場合は、頸部の呼吸補助筋を過剰に使っている可能性があります。

 

  1. 横隔膜

横隔膜はドーム状の薄い膜の筋肉で、胸腔を腹部から仕切っており、息を吸いこむときに重要な筋肉です。横隔膜は、胸骨、肋骨、腰椎から起始するかご型の骨組みの底面に付着しています。横隔膜が収縮すると胸腔の長さと直径が増えて、肺が膨らみます。

横隔膜は筋肉の膜で頭方を頂点とするドーム型をした筋肉で、ドームの周囲は胸壁に固定されていますので、横隔膜が収縮するとドームの頂点は下がり、全体的に平坦化します。

 

横隔膜の働きは外肋間筋の働きより大きく、安静時呼吸の70~80%を担っています。

横隔膜の収縮により胸腔の垂直径を増加させ、腹腔の垂直径を減少させます。横隔膜の下降によって腹腔内圧は上昇し、下部肋骨を上外側へ拡大させます。胸腔の拡張に伴い、肺の外側の圧力が下がるため、圧力が等しくなるように、肺内に空気が流入します。

 

  1. 外肋間筋

外肋間筋の収縮によって胸郭が拡張し、斜角筋が肋骨を持ち上げることによって、胸腔内の容積が拡大し、肺の外側の圧力が下がります。そのため、圧力が等しくなるように、空気が肺の中へ流入します。

胸式呼吸では、より優位に働きます。

 

〈大きな吸気時〉

大きな吸気時では、外肋間筋と横隔膜が最大限に働くとともに、呼吸補助筋と呼ばれる様々な筋肉が共同して吸気を助けています。

 

吸気補助筋には、肋骨挙筋、大胸筋、胸鎖乳突筋、斜角筋、小胸筋、多裂筋などがあり、これらが吸気時に収縮して肋骨を持ち上げる働きを補助します。

深呼吸では胸郭入口部に付着する斜角筋、胸鎖乳突筋、肋骨挙筋、脊柱起立筋が収縮して胸郭を挙上するように働きます。

努力吸気では更にこれらに加えて大胸筋、小胸筋、僧帽筋、菱形筋、前鋸筋の収縮により吸気を助けます。

吸気は胸郭を挙上する運動であるため、胸郭上部に付着する筋が大部分です。

 

腹式呼吸の際、安静吸気に比べ横隔膜の活動が大きくなるため、胸腰椎は伸展し、肋骨の後方回旋を生じさせ胸郭を挙上されます。連動して腰椎伸展モーメントが増大するために、安静吸気に比べ腹式吸気の多裂筋の有意な筋厚増加が認められます。

横隔膜の収縮には脊柱、胸郭の土台となる腰部骨盤帯の安定性が重要とされ、横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群は腰部骨盤帯の安定に寄与するインナーユニットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です